ヒアルロン酸でシワがなくなる|コンプレックスをなくそう

メスを使わずシワを取る

女医

化粧水等でおなじみの成分

ヒアルロン酸といえば、美容に関心の高い人々の間ではコラーゲンなどと並ぶ「うるおい成分」の1つとしておなじみです。ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種で、その水溶液は非常に強い粘性と弾力性を持っています。もともと人間の体内で合成できる物質ですが、20歳頃を境にその量は減少していきます。この物質は人体のさまざまな部位に存在していますが、特に多いのが柔軟性を必要とする関節の軟骨部分、ハリとうるおいを必要とする皮膚の真皮層です。ちなみに真皮層にはコラーゲンが網の目のように張りめぐらされていますが、ヒアルロン酸はこのすき間を埋めるような状態で分布しています。そしてこの両者の働きで弾力性や保水性が維持されているのです。こうした働きを持つことから、ヒアルロン酸は化粧水などの原料としてよく使われています。つまり加齢とともに不足気味となってくるヒアルロン酸を外部から補給しようというわけです。また、身体の内側から補給することを目的としたサプリメントなども出回っています。そして最近では、美容整形の分野でもこの物質は注目を集めるようになっています。多くの美容外科や美容皮膚科では、ヒアルロン酸注射を美容整形メニューに加えるようになってきています。

注射でお肌にハリを与える

ヒアルロン酸注射は、美容整形の中でもプチ整形と呼ばれる分野でよく使われています。プチ整形はメスによる外科手術などを伴わず、簡単な施術だけで一定の美容効果を目指そうというものです。ヒアルロン酸注射は主としてシワの解消を目的として行われます。ハリを失って肌がたるんでしまった箇所に皮下注射することで、内側からふっくらさせてシワを目立たなくする効果が得られます。目尻や口の周り等にできた小皺はもちろん、首筋のちりめんジワや指の節など、顔以外の部位にできるシワにも適応します。また、頬のたるみによって目立ってくるほうれい線の改善にも役立ちます。ヒアルロン酸注射の用途は他にもあります。たとえば、顔の輪郭線に沿って注入することでフェイスラインを整える、顎の先に注入して尖らせる、鼻の頭に注入して鼻を高くするといった使い方があります。これは、製剤の方法によってはヒアルロン酸の硬さを皮下脂肪程度にまで調整することができるという特性を生かした施術です。ヒアルロン酸注射による美容効果はおおむね3〜6か月程度持続します。つまり永続的な効果を望むなら定期的に施術を受ける必要があります。これは一見すると不便なようですが、万が一失敗した場合にも修正が効くというメリットにもつながります。

注意点と施術のメリット

注射治療

注射だけであらゆるコンプレックスを解消できるのがヒアルロン酸注射です。ヒアルロン酸注射は手軽にできることから人気があります。しかし、プチ整形だからといって油断せず、高品質な素材を使用しているクリニックで施術をする事が大切です。

詳細へ

理想の美を手に入れる

口元

整形外科でヒアルロン酸手術を受ければ一時顔や体のパーツを変えられます。こうした整形治療は写真撮影等のために一時期だけ顔を変えたいと考えている人にとっても選択する価値が高いのです。ヒアルロン酸治療を行う際はダウンタイムをどう過ごせば良いのか、医師に確認しておきましょう。

詳細へ

保水力のある美肌の成分

美容整形

ヒアルロン酸は人間の体内に含まれている成分ですが、年齢と共に減少していきます。年齢と共にシワやほうれい線が目立つのはそれが原因です。美容整形ではヒアルロン酸注射によってシワやほうれい線を消すことができます。若い頃からヒアルロン酸の含まれている食材を摂取し、サプリを飲むとシワなどの対策になります。

詳細へ

特徴と施術の流れ

頬を触る女性

しわやコンプレックスを解消するプチ整形で利用されているがヒアルロン酸注射です。注射だけでフェイスラインを整えたり、バストアップしたりできます。即効性があるので、その場ですぐに効果を感じることができます。

詳細へ